役に立つオモシロ医学論文

看護師11万人を追跡調査 「夜勤」は健康に良くないのか?

夜勤歴が長くなるほど心臓病発症リスクがアップ(C)日刊ゲンダイ

 夜勤のある人は、生活が不規則になりがちなものです。不規則な生活は、いわゆる生活習慣病などを引き起こしやすいと考えられますが、看護師を対象に「夜勤と心臓病発症の関連」を検討した論文が、米国医師会誌(2016年4月26日付)に掲載されました。

 この研究は米国の看護師を登録した大規模データベース「看護師健康調査」(NHS)から7万3623人(平均54.5歳)、同じく「看護師健康調査Ⅱ」(NHSⅡ)から11万5535人(平均34.8歳)が対象となっています。通常勤務に加えて月に3日以上夜勤がある看護師と夜勤のない看護師を比較し、心臓病の発症について24年間にわたり追跡調査しました。

 その結果、夜勤のある看護師は、勤務年数が長くなるにつれて心臓病の発症リスクがわずかに増加しました。NHSのデータベース解析では、夜勤歴が5年未満では明確な差が見られませんでしたが、夜勤歴が5~9年では1.12倍、さらに10年以上になると1.18倍、統計学的にも有意に増加するという結果になっています。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。