クスリと正しく付き合う

薬を正しく使うには「正しい止め時」を知ることが大切

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 薬は正しく使うことで正しい効果が発揮されます。ずっと常用してきた薬を正しくやめることも、適正使用を考える上では大切です。

 薬の良いところは、いつでも始めることができ、いつでもやめられるということです。患者さんの中には、「一度使い始めたらやめられない薬だってあるんじゃないの?」と思われる方も多いでしょう。しかし、あえて反論を恐れず、極論を言えば、どんな薬でも、いつでもやめることができるのです。

 薬は、よりよく生きる=QOL(生活の質)を上げるための手助けをするものであり、使うのもやめるのも自由意思です。薬を使用しなければ病状が悪くなって、しんどい思いをすることになる病気があるのは事実です。場合によっては寿命を縮めることもあるかもしれません。

 しかし、それも含めて患者さんの自由意思ですので、薬はいつでも始められていつでもやめられるのです。

1 / 2 ページ

神崎浩孝

1980年、岡山県生まれ。岡山県立岡山一宮高校、岡山大学薬学部、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒。米ロサンゼルスの「Cedars-Sinai Medical Center」勤務を経て、2013年に岡山大学病院薬剤部に着任。患者の気持ちに寄り添う医療、根拠に基づく医療の推進に臨床と研究の両面からアプローチしている。