役に立つオモシロ医学論文

クスリを使わず厳格な体重管理だけで糖尿病は寛解する?

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 生活習慣病といわれる2型糖尿病は、食習慣や運動習慣の改善で、その発症を予防できるといわれています。しかし、糖尿病になってしまったら、その治療は一生続けなければいけないもの、少なくとも年単位で治療を継続しなければいけないと思う方も多いでしょう。実際、長期にわたり糖尿病の薬を飲んでいる人は少なくありません。

 そんな中、「集中的な体重管理プログラムの実施で糖尿病を寛解できるか」を検討した研究論文が「ランセット」という有名な医学誌の電子版に2017年12月4日付で掲載されました。

 寛解とは「病状が見かけ上消失しており、治療をしなくてもよい状態」を指しますが、ケガが治癒するといった場合とは少し意味合いが異なります。糖尿病とは血糖値が高い「状態」なので、治療が必要のない状態に至ることを意味する「寛解」と表現した方が適切なのでしょう。

 話がそれましたが、この研究では過去6年以内に糖尿病と診断され、英国の49医療機関を受診した306人が対象となりました。49医療機関のうち、23施設では集中的な体重管理プログラムを実施し、残りの26施設では標準治療を実施しています。体重管理プログラムでは、なんと糖尿病治療薬を全て中止して、そのうえで食事療法などを行っています。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。

関連記事