役に立つオモシロ医学論文

長生きも遺伝する? 両親ともに90歳以上の女性は健康長寿

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 人間の健康状態は、生活習慣などの環境的な要因だけでなく、両親から受け継いだ遺伝的な要因によっても変化します。がんや糖尿病の発症が、生活習慣のみならず、親の遺伝的影響を受けていることはよく知られています。

 では、親が健康で長生きしている場合、その子供も長生きするものなのでしょうか。そんな疑問に答えるような研究論文が、老年医学に関する専門誌の電子版に2018年8月15日付で掲載されました。この研究は1993~98年の間に被験者登録された2万2735人の女性を、2017年まで追跡調査したものです。

 解析の結果、母親が90歳以上まで生存していた女性では、70~79歳まで生存していた女性に比べて、心臓病、脳卒中、糖尿病、がん、骨折などの深刻な健康問題を抱えていない人が25%多く、90歳までの死亡リスクも25%低いことが示されました。また、父親が90歳まで生存していた女性では、70~79歳まで生存していた女性に比べて深刻な健康問題については差がありませんでしたが、90歳までに死亡するリスクは21%低下しました。特に両親ともに90歳以上まで生存していた女性では、そうでない女性に比べて深刻な健康問題を抱えていない人が38%多く、90歳までに死亡するリスクが32%低下することが示されています。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。

関連記事