心と行動を変える健康革命

ピンピンコロリを望むならそれに至る生き方を学び努力する

まず3通りの死にざまを知るべし(C)日刊ゲンダイ

 医師は多忙だ。毎日、多くの患者を診察し、各種の検査を指示する。そのデータを基に病名を診断し、患者に病気のリスクを伝える。

 その後、治療に適した医薬品や手術療法などを選択して、完治までのスケジュールを描き、経過を観察することになるが、本当にそれだけでいいのだろうか。

「多くの患者さんは、まだ深刻とはいえない検査データに安心し、将来の自分の健康に目を向けません。病気の恐ろしさが分からないからです。病後の生活と健康を維持できた時の生活の違いを実感してもらい、時に人生をマネジメントするのも医師の務めかと思うのです」

 教授として東京慈恵会医科大学病院(東京・西新橋)で「行動変容外来」も担当する横山啓太郎同大晴海トリトンクリニック所長は患者に以下の3通りの死に方を説明する。

①いわゆるピンピンコロリ。突然、枯れ木がポキンと折れるような死に方。

1 / 3 ページ

横山啓太郎

1985年東京慈恵会医科大学医学部卒。虎の門病院腎センター医員を経て現在、東京慈恵会医科大学教授。同大学晴海トリトンクリニック所長。

関連記事