歯の疑問 ずばり解決!

水分をこまめに摂取しても口臭が…それは病気かもしれない

口臭は誰にでもある

【Q】しっかり歯を磨いているのに口臭を指摘されました。何が原因でしょうか?

【A】口臭は誰にでもあります。起床直後や空腹時、緊張時は唾液の分泌が減って細菌が増殖するためで、これを「生理的口臭」といいます。

 ただ、食事をしたり水分を積極的に補給することで、口の中が洗浄されたり唾液の量が増えれば急激に口臭はなくなります。その場合は治療の必要はありません。

 老若男女共通の口臭の防止策としては、こまめに水分を摂取すること。これだけで生理的口臭はほぼ解決できるはずで、症状が改善されない場合は口の中の病気が原因かもしれません。歯周病や虫歯、不適合なかぶせ物などが不快な口臭の発生源になっていることがありますので、かかりつけの歯科医院で相談してください。

 それ以外に、加齢とともに唾液腺(唾液をつくる組織)の機能が衰えて、「ドライマウス」といわれる症状が出る方もいらっしゃいます。

1 / 2 ページ

関連記事