みんなの眼科教室 教えて清澤先生

うつ病になると世界が違って見えるって本当でしょうか?

大坂なおみ(C)共同通信社

【Q】女子プロテニスプレイヤーの大坂なおみさんが「うつ病」を告白しました。それで思い出したのですが、以前、「うつの人は世界がばやけて灰色で暗く見える」と聞いたことがあります。本当でしょうか? うつ病になると目の機能に変化が出るということですか?

【A】うつ病とは、日常生活に強い影響が出るほどの気分の落ち込みが続いたり、何事にも意欲や喜びを持ったりすることができなくなる病気です。

 その症状は多岐にわたり、痛みの耐性が低下して全身に痛みが出るほか、視力の低下など目にも障害が起きることが知られています。

 実際、2010年にドイツで行われた研究では、メンタルヘルスの問題が実際に人の視力に影響を与えている可能性があることが示唆されています。80人を対象にしたその研究では、うつ病の人は淡い白黒の縞模様を認識することが困難でした。研究者は「コントラスト知覚」と呼んでいますが、これは、うつ病によって世界がぼんやりと見える理由を説明できる可能性があります。

1 / 2 ページ

清澤源弘

清澤源弘

清澤眼科医院院長。1953年、長野県生まれ。東北大学医学部卒、同大学院修了。86年、仏原子力庁、翌年に米ペンシルベニア大学並びにウイリス眼科病院にフェローとして留学。92年、東京医科歯科大眼科助教授。2005年から現職。日本眼科学会専門医、日本神経眼科学会理事など。

関連記事