独白 愉快な“病人”たち

バイオリニスト古澤巖さんは10年前に緑内障が発覚「音楽家でよかった」と

古澤巖さん(C)日刊ゲンダイ
古澤巖さん(バイオリニスト/62歳)=緑内障

 10年ほど前に受けた人間ドックの視野検査で「視野が狭くなっていますね」と指摘されて以来、ずっと1日1回、寝る前に点眼薬をさしています。そもそも人間的に視野が狭いのに、これ以上狭くなったら困るなと思ってね(笑)。

 いわゆる「緑内障」という病気です。眼圧が上がることによって目と脳をつなぐ視神経が障害されて徐々に視野が狭くなる目の病。5年に1度ぐらい受けている人間ドックで見つかりました。自覚症状は何もありませんでした。でも、「放置するとそのうち失明するかもしれない」と医師に言われました。

 失明という言葉はショッキングでしたけれど、反射的にちょっとだけ思ったのは「音楽家でよかったな」ということです。音楽家の世界では盲目でも活躍している人が周りにたくさんいるので、もしも目が見えなくなってもバイオリンは続けられると判断して、大きな動揺はありませんでした。

1 / 6 ページ

関連記事