独白 愉快な“病人”たち

弁護士の伊藤克之さん 発達障害と診断され「原因が明確になってホッとした」

伊藤克之さん(C)日刊ゲンダイ
伊藤克之さん (弁護士/46歳)=広汎性発達障害

「広汎性発達障害」は現在では「自閉スペクトラム障害(ASD)」と言われている発達障害の一種です。人の表情から感情をくみ取るのが苦手だったり、興味や行動に強いこだわりがあったりするなどの特性が見られる脳機能障害です。

 診断されたのは2016年。でも、その兆候が表れたのはそれから12年遡った28歳の頃でした。若かったので、仕事で無理をして過労になったことに加え、その頃はプライベートでも心労が重なって、うつ状態になりました。

 病院に行くと「うつ状態」と診断されて、抗うつ剤や抗不安薬などを処方されました。あとになってみれば、このうつは発達障害の2次的症状だったのですが、そのときは精神的な病だと思って休職し、薬を飲み続けました。

 その後、それほど間を空けずに仕事復帰できたものの、なかなか本来の調子が出ず、徐々に仕事が減っていくことに思い悩むようになりました。うつの主治医に相談すると、「もしかしたら発達障害かもしれない」と言われたので、総合病院を受診したところ、「広汎性発達障害の特性がある」と診断されました。

1 / 6 ページ

関連記事