愉快な“病人”たち

落語家・柳家花緑さん 視聴者からの質問で発達障害を確信

柳家花緑さん(C)日刊ゲンダイ

「落語家ってバカがやる商売なんだね?」

 小学生のとき、すでに落語でテレビに出ていたボクに向かって、同級生の女の子がそう言ったのを今でも強烈に覚えています。でも、それはきっとその子を傷つけるような何かを、先にボクが言ったに違いないんです。

 ボクの病気「発達障害」にはそういうところがあります。「空気が読めない」いわゆる“KY”です。

 それはもう、名前からして“花緑柳家”なんで仕方ないんですけれど(笑い)。

 病気が分かったきっかけは、裏話をぶっちゃけるテレビ番組に出ることになって、幼少期の自分の通信簿を公表したことです。「実は小学校も中学校も主要5科目はオール1でした。けれども今は落語家として成功しています」という流れで放送されました。すると、ある視聴者の方から「うちの息子もディスレクシアです。花緑さんはどうやって病気を乗り越えられたのですか?」との質問が届いたんです。

1 / 5 ページ

関連記事