独白 愉快な“病人”たち

ユーチューバー辻トオルさん肺がんとの闘い「3カ月から半年前の発症でステージ4…驚きでした」

辻トオルさん(C)日刊ゲンダイ
辻トオルさん(ユーチューバー/61歳)=非小細胞肺がん

「肺がんの疑いが強い」と診断されたとき、すでに副腎と右肋骨にも転移がある状態で、「ステージ4」と告げられました。当時、自分はその意味がわからず「ステージ4って軽いのですか? 重いのですか?」と医師に聞きました。すると、「末期です」との答え。ただ、続けて「5年前までは5年生存率は10%でしたが、今はそんなことはありません。寛解を目指して頑張りましょう」と励まされました。「寛解」という言葉も知らなかったのでピンときませんでしたけど……。

 始まりは2021年の年明け。夜になると微熱が出る日が続きました。病院嫌いなので放置していたら、発熱に加えて右脇腹がチクチク痛むようになりました。その痛みが背中を回って左脇腹に移ってきた頃、数年前から不眠症で薬をもらっているクリニックで相談をしました。「神経痛だね」と言われ、漢方薬を処方されましたけど、それがまったく効かないので、市販の鎮痛剤を飲むようになったんです。用法を考えず、「痛くなったら飲む」を繰り返していたら、心配した今のパートナーが行きつけの病院に連れ出してくれました。

1 / 6 ページ

関連記事