1年でγ―GTP半減例も…しじみ汁はやっぱり肝臓に効く

 二日酔いにはしじみ汁――。昔からよくいわれる食べる健康法だ。飲み会の前に、「しじみ○個分の×××」といったドリンク剤やサプリメントを飲んだことがあるサラリーマンも多いに違いない。しじみはアルコールを分解する肝臓にいいといわれているが、本当なのか。

 65歳のTさんは酒が大好きで、晩酌を欠かしたことがない。毎日、少なくとも缶ビール2本、焼酎のウーロン茶割りを小ジョッキ5杯は飲む。そんな生活を何十年も続けているため、健康診断ではいつもγ―GTPの数値が高かった。

 γ―GTPは肝臓などで作られる酵素で、タンパク質を分解・合成する働きがある。アルコールが肝細胞を破壊した時などに血液中に漏れ出してくるので、血液中のγ―GTPの濃度が高ければ、肝臓障害が疑われる。アルコールに敏感で、肝機能が正常かどうかを判断するうえで重要な数値だ。多くの医療機関で使われているγ―GTPの上限値は「55IU/l」。Tさんは、2年前が「77」、昨年が「86」と、上限値をはるかにオーバーしていた。

1 / 4 ページ

関連記事