健康医療データの読み方

病院再編で泣く職種

写真はイメージ/(C)日刊ゲンダイ

 2025年までに行われる医療改革で割を食う職種があります。深刻なのは臨床検査技師。血液検査や尿検査を主な仕事にしています。

 しかしすでに供給が需要を大きく上回って深刻な就職難。せっかく資格を取っても、病院に就職できるのは5人に1人ともいわれているほどです。

 今後は高度・一般急性期病院でしか必要とされなくなり、ますます需要が減り、就職難に拍車がかかるとみられています。

 在宅医療で活躍できる場面もなさそうです。そのため遺伝子検査などに活路を求める動きもありますが、いまや機械であっという間にできてしまう時代。雇用の維持・拡大にどれだけ貢献できるかは疑問符が付きます。

 放射線技師もかなり不利な状況に置かれます。CTやMRIは高度・一般急性期病院に集約されていきますから、全体の雇用は減ると予想されています。そこで在宅医療に進出しようという動きが出てきています。実は家庭や介護施設に持ち込める、ポータブルなレントゲン装置が開発されているのです。

1 / 2 ページ

関連記事

2025年問題