健康医療データの読み方

入院のピークは年3回

写真はイメージ/(C)日刊ゲンダイ

 厚生労働省の病院報告という統計資料には、各月の新規入院患者数が載っています。毎年、2月の新規入院患者数が最少なのですが、これは、2月の日数が少ない(28日ないし29日)ためです。そこで各月の日数で割って、1日当たりの新規入院患者数に直すと、季節差が見えてきます。

 年によって大きなばらつきはありますが、大ざっぱな傾向として、真冬(1、2月)、真夏(7、8月)、そして秋(10、11月)の3シーズンに、入院患者が増える傾向にあります。

 2013年の数字で見ると、1月と2月は、1日当たり4万2000人の新規入院がありました。つまり、平均すると毎日それだけのひとが、病気やケガで病院に入院したのです。夏場の7月は4万4000人、8月と10月と11月が4万2000人でした。少なかったのは3月と12月(4万人)、次いで6月と9月(4万1000人)などです。

1 / 2 ページ

関連記事

3月生まれは少ない

冬は死亡が増える