真似したい伝承療法

高知県香南市のニラソース

高知県香南市のニラソース(C)日刊ゲンダイ

 ニラの生産量日本一を誇る高知県香南市。そのまま調理して食べてもおいしいが、最近、ちょっと変わったニラの加工品が注目を集め、新たな伝統を築こうとしている。

 それが、香南市観光協会オリジナルの「こじゃんと!ニラソース」だ。

 その名の通り、香南市のニラがたっぷり入っているのが、最大の特徴。とはいえ、ニラ独特の香りはそれほど強くなく、食べやすくなっている。

 このニラソースの大ファンというのが、会社員の平川正義さん。

「野菜炒めなどにかけていますが、食欲がそそられます。猛暑が続いていても、このソースのおかげか、夏バテ知らずです」
 滋養強壮食として知られるニラだが、栄養価は実に高い。

 まず、ニラ特有のにおいは、「アリシン」という香り成分によるもの。アリシンは、疲労回復に役立つビタミンB1の吸収を促進。また、血流を促進するほか、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを抑え、高脂血症や動脈硬化などを予防してくれる。

1 / 2 ページ

宮岸洋明

1965年、石川県生まれ。出版社勤務後、95年、健康ライターとして独立。以来20年、健康雑誌などで取材・執筆活動を開始。本連載では、世界的な長寿国である日本の伝承料理がテーマ。「健康長寿の秘訣は“食”にあり」をキーワードに、古くから伝えられてきた料理や食材を実食し、その栄養価、食味や調理法を紹介。筆者自身も、約1年前から数々の伝承料理を食べ約20キロのダイエットに成功。メタボを脱出し、健康診断もオールA。