レジリエンス高め若々しく生きる

「命のロウソク」テロメアを長く保つ

 見た目が若い人は、レジリエンス(回復力、抗病力)が高く、長生きできる――。信じられないかもしれませんが、本当のことです。権威ある医学誌「BMJ」(英国医師会雑誌)には、913組の双子を調べてみたところ、同じ遺伝子を持っているにもかかわらず、見た目が老けている方が早死にだったという研究が報告されています。

 その理由を調べてみると、見た目が若い方は「命のロウソク」が長いことがわかりました。人間には電池の残量のように、細胞の寿命を決めているモノがあります。それが「テロメア」です。

 人間の細胞の中には、DNAを格納している染色体があります。この染色体は「X」の形をしていて、その四隅にテロメアがついています。テロメアは、細胞が分裂するたびに短くなっていきます。そして、ある程度まで短くなってしまうと細胞はそれ以上分裂できなくなり、死んでしまうのです。

1 / 2 ページ

江田証

1971年、栃木県生まれ。自治医科大学大学院医学研究科卒。日本消化器病学会奨励賞受賞。日本消化器内視鏡学会専門医。日本ヘリコバクター学会認定ピロリ菌感染認定医。ピロリ菌感染胃粘膜において、胃がん発生に重要な役割を果たしているCDX2遺伝子が発現していることを世界で初めて米国消化器病学会で発表した。著書多数。