レジリエンス高め若々しく生きる

細胞を浄化する2つの食事法

 アメリカ国立老化研究所は、一流科学誌「Cell」にアンチエイジング=レジリエンスを高めるために効果的な7つの方法を発表しています。その中から、今回は「カロリー・リストリクション(CR)」と「間欠的絶食(IF)」について解説しましょう。

 CRは、一日の食事の総カロリーを、自由摂取時の摂取総カロリー量に対して70~50%に制限する方法です。これを毎日続けるのです。IFは、自由にカロリーを気にしないで食事を摂取する日と、水以外は一切取らないという状態を、24時間おきに交互に行う方法です。この2つの食事法を実践すれば、若々しく生きることができるのです。

 人間は、加齢によって心臓肥大、心不全、心房細動(不整脈)といった心臓の老化現象を起こすようになってきます。CRを行うと、そうした心臓の老化を予防することができます。加齢に伴う心臓の筋肉の肥大が抑えられ、リポフスチンという老化物質が心筋にたまることを減らし、心筋の線維化が減少することがわかっているのです。

1 / 2 ページ

江田証

1971年、栃木県生まれ。自治医科大学大学院医学研究科卒。日本消化器病学会奨励賞受賞。日本消化器内視鏡学会専門医。日本ヘリコバクター学会認定ピロリ菌感染認定医。ピロリ菌感染胃粘膜において、胃がん発生に重要な役割を果たしているCDX2遺伝子が発現していることを世界で初めて米国消化器病学会で発表した。著書多数。