愉快な“病人”たち

漫才師 オール巨人さん (62) C型肝炎 ㊦

(C)日刊ゲンダイ

 自分がC型肝炎のキャリアーだと分かった僕がまずやったのは、今まで付き合った彼女に電話をかけること。血液による感染以外はないと言われているけれど、もしも自分のせいで感染していたらちゃんと補償しないといかんと思ってね。幸い感染している人はいませんでした。

 やっぱり感染者としては、2次感染の可能性をつくらないように努めなあかん。今でも歯医者に行ったら、真っ先に「C型肝炎だから道具は別にしてくれ」と言うようにしてますよ。

 治療を始めて気付いたのは、周囲のサポート、医師への信頼、仕事のありがたさ。相方の阪神君は舞台で僕の腕をつかむたびに「徐々に細くなっていく」ってことを感じてたらしいけど、それを言ったら僕が落ち込むからと、一言も言わずにいてくれた。

 イライラして嫁はんには相当あたっていたと思うけど、受け入れてくれて、通院の際の面倒なことは全部フォローし、仕事に送り出してくれた。妻には本当に感謝しています。

1 / 3 ページ