どうなる! 日本の医療

迫る医療機器テロ ネットで乗っ取られ患者の命が危険にさらされる

(C)日刊ゲンダイ

「サイバー攻撃のターゲットは官公庁や銀行、企業など。自分には関係ないし、それで命を失うことなどありえない」――。そう考えている人は認識を改めた方がいい。

 何者かに医療機器が乗っ取られ、あなたが使っている酸素マスクの酸素の供給を止められたり、医療カルテが盗み出されたりする。そんな事態が近い将来、起こるかもしれないからだ。長浜バイオ大学の永田宏教授(医療情報・医療経済学)が言う。

「今はあらゆるモノがインターネットに接続され、モニタリングやコントロールされる時代です。CT(コンピューター断層撮影)やMRI(磁気共鳴画像)装置などの医療機器も例外ではなく、故障があれば遠隔操作で修繕することが当たり前になっています。それに付随した他の医療機器もネットコントロールされているのです。そのリスクはこれまで語られてきませんでしたが、あらゆるネットがハッキングの対象であることを考えれば、早急に対策を行うべきです」

1 / 3 ページ

村吉健

地方紙新聞社記者を経てフリーに転身。取材を通じて永田町・霞が関に厚い人脈を築く。当初は主に政治分野の取材が多かったが歴代厚労相取材などを経て、医療分野にも造詣を深める。医療では個々の病気治療法や病院取材も数多く執筆しているが、それ以上に今の現代日本の医療制度問題や医療システム内の問題点などにも鋭く切り込む。現在、夕刊紙、週刊誌、月刊誌などで活躍中。