役に立つオモシロ医学論文

幸福でも不幸でも寿命は変わらない

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

「不健康」といわれるような状態は、多くの場合で「幸福な状態」とは明言できないかもしれません。なにか重大な病気を抱えて生きていくことは決して楽ではないでしょう。

 しかしながら、「幸福か」「幸福ではないか」は、一律に線引きができない問題です。何が明確に幸福ではない状況なのか、客観的に決めることは困難でしょう。「不健康が幸福ではない」かもしれないということは想像しやすいかもしれませんが、幸福ではない状況が不健康だと断言できません。

 世界的に有名な医学誌「ランセット」の2015年12月9日(電子版)に「幸福ではない状況と死亡リスクの関連」を検討した興味深い研究結果が掲載されています。

 この研究は英国女性71万9671人(年齢中央値59歳)を対象とした前向き観察研究です。研究開始時に参加者の自己報告に基づいて、「幸福を感じる時間」「健康」「ストレス」「感情のコントロール」などについての調査が行われています。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。