ニューヨークからお届けします

研究結果が続々 米国で“悪役”のコーヒーが正義の見方に?

 国民の8割以上がコーヒーを飲むアメリカですが、お茶に切り替える若者が少しずつ増えてきています。

 理由は「コーヒーの飲み過ぎは体に悪い」と考えている人が多いから。そのきっかけになったのが、1991年に「国際がん研究機関(IARC)」がコーヒーと膀胱がんの関連性を発表したことでした。IARCは、WHO(世界保健機関)の外部組織です。

 ところが近年、そのIARCは百八十度違う研究結果を発表し始めました。

 まずは、23カ国の研究者が100以上の調査結果を分析したもの。それによると、「コーヒーが特定のがんを誘発することはない」「むしろコーヒーを継続的に飲んでいる人は、心臓病や2型糖尿病、神経障害になる率が低く、子宮がん、肝臓がんにかかる確率も低い」とのことでした。

 ただし、これらは疫学的な調査結果で、「なぜ?」という医学的な裏付けはありません。

1 / 2 ページ

関連記事