Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【大竹しのぶさん】ワクチン&健診で子宮頚がんを予防

子宮頸がんだったことを明らかにした(C)日刊ゲンダイ

 私、子宮頚がんでした――。女優・大竹しのぶさん(59)がバラエティー番組でそう語り、話題を呼んでいます。幸い、がんになる手前の前がん状態で見つかり、「レーザーで取って、入院は2日くらい」だったそうです。この告白、読者の方にとっても重い意味があります。

 子宮頚がんは、1970年代まで60~70代が発症のピークでしたが、80年代に40~50代に下がり、今では30代に低下。20~30代で発症する割合は、過去20年で2~4倍に達するのです。

 2006年に出版された著書「私一人」によると、大竹さんの発症は24年前、35歳。このケースが人ごとでないのは、30代での発症が最近の典型例ということだけではありません。発見のキッカケや、その後の対応なども重要なのです。

 1992年末の婦人科検診で発見されたようですが、婦人科系のがん検診受診率は目下3割ほど。子宮頚がんは早期なら治る可能性が高いのに、チャンスを失っている方が少なくないのです。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。