ニューヨークからお届けします

米国人の過半数が悩み 「大統領選ストレス」ってなんだ?

熾烈な大統領選に人々も疲れている(C)AP

 米国では大統領候補のドナルド・トランプ氏(共和党)とヒラリー・クリントン氏(民主党)が熾烈、というより泥沼のような戦いを続けてきました。そのせいで、「有権者の方もかなりのストレスがたまっている」という調査が発表され、話題になっています。

 米心理学協会が行った調査によれば、米国人の52%、実に過半数が「今年の選挙戦から何らかのストレスを受けている」と答えています。男女差はほとんどありませんが、共和党支持者(59%)の方が、民主党支持者(55%)より微妙に多いことも分かりました。

 また、年齢による差では、「ベビーブーマー」(52~70歳)が50%なのに比べ、その子供たちの「世代ミレニアルズ」(18~34歳)は55%と高いことも分かりました。そのストレスの最大の原因として、米国人の約4割は「ソーシャルメディア」(SNS)を挙げています。

1 / 2 ページ

関連記事