ニューヨークからお届けします

アメリカ合衆国大統領はどれほど健康であるべき?

 今月11日、米大統領選挙のヒラリー・クリントン候補がよろめく場面が世界を駆け巡り、大騒ぎになりました。

 結局、軽い肺炎と分かりましたが、これをきっかけにクリントン、トランプ両候補の健康診断結果が次々に発表されました。どちらがより健康なのかとの論争が広がる一方で、国民の間には戸惑いが広がっています。「大統領候補はどのくらい健康であればいいのか?」の基準がないからです。

 大統領候補の健康診断結果が公になることは、つい最近までありませんでした。2008年、皮膚がんの病歴と戦争捕虜の経験を持つマッケイン候補が、自らの健康を証明するために大量の資料を公開したのは例外的なことでした。

 逆に、病気を隠蔽してきた歴代大統領はたくさんいます。こっそりがんの手術をしたクリーブランド大統領、車椅子だったことをひた隠しにしたルーズベルト大統領、若くて健康に見えてアジソン病だったケネディ大統領……。レーガン大統領は任期後にアルツハイマー病と診断され、任務への影響を疑う声もありました。

1 / 2 ページ

関連記事