役に立つオモシロ医学論文

歯を残すほどアルツハイマー病のリスクは軽減される?

しっかりと口腔内ケア(C)日刊ゲンダイ

 歯磨きなどの口腔内ケアがおろそかになると、加齢とともに歯が抜けたり、虫歯になったりと、歯を喪失してしまう可能性が高まると考えられます。米国老年医学会誌の電子版に、歯の残存本数と認知症発症リスクを検討した研究論文が3月8日付で掲載されました。

 この研究は、福岡県糟屋郡久山町に居住する人を対象とした疫学調査(久山町研究と呼ばれる世界的にも有名な研究です)で、研究開始時に認知症を発症していない60歳以上の高齢者1566人を、5年間追跡したものです。

 参加者は、歯の残存本数が「20本以上」「10~19本」「1~9本」「0本」の4つのグループに分類され、各グループ間で認知症の発症リスクが比較されました。なお、結果に影響を与えうるような「年齢」「性別」「教育水準」「歯磨き頻度」や「生活習慣病の有無」などで統計的に補正して解析を行っています。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。