クスリと正しく付き合う

カフェインが含まれる飲み物で薬を服用してはいけない

薬を飲むときはカフェインの取りすぎに注意(C)日刊ゲンダイ

 他には、カフェインの代謝が抑制されることで、利尿作用や中枢神経興奮作用といったカフェインの効果を高めてしまう飲み合わせもあります。

 該当する薬はたくさんありますが、「キノロン系の抗菌薬」、うつ病の薬である「SSRI」、痛風治療薬の「キサンチンオキシダーゼ阻害薬」(アロプリノールなど)が挙げられます。

 一番身近な飲み物であるといってもいいコーヒーや紅茶は、意外にも薬との飲み合わせ(互いの吸収や作用に影響を及ぼす)が多いのです。薬を飲むときは、カフェインの取りすぎに注意してください。

2 / 2 ページ

神崎浩孝

1980年、岡山県生まれ。岡山県立岡山一宮高校、岡山大学薬学部、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒。米ロサンゼルスの「Cedars-Sinai Medical Center」勤務を経て、2013年に岡山大学病院薬剤部に着任。患者の気持ちに寄り添う医療、根拠に基づく医療の推進に臨床と研究の両面からアプローチしている。