Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

34年目の再発も…区切りの5年超も経過観察が必要ながん

 驚かれた人もいるのではないでしょうか。豪出身の歌手、オリビア・ニュートン・ジョン(68)が先月末、乳がんの再発を発表。予定していた米・カナダツアーを延期して、放射線治療などを受けるといいます。1992年に乳がんを克服してから、25年目の再発です。

 がんの治療は、一般に5年をメドに考えます。治療のスタートから5年間は、定期的に経過観察しながら、転移や再発をチェック。5年間、そういう異変が見つからなければ、一つの区切りとして、“治った”と考えるのが一般的です。

 なぜかというと、がんの種類によって、5年で一区切りをつけられるがん、できないがんがあるのです。全国がんセンター協議会は、5年生存率と10年生存率を調査しています。2つの生存率を比較すると、ヒントが見えるでしょう。

 たとえば、5年生存率は、胃がんが73.0%で、大腸がんが75.8%。10年生存率は、それぞれ69.0%、69.8%と生存率はあまり低下していません。こういうタイプのがんは、便宜上、「5年生存率≒治癒率」としているのです。そのタイプなら、経過観察は5年で一区切り。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。