役に立つオモシロ医学論文

追跡調査を約18年 ストレスでがんになりやすいは本当か?

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 ストレスは体にさまざまな影響を及ぼすと考えられています。ストレスと病気についてインターネットで調べてみると、実にいろいろな記事が見つかります。“ストレスを抱えたまま生活をしていると免疫力が下がってがんになりやすい”なんていうものまでありました。

 そんな中、ストレスと発がんリスクの関連を検討した観察研究の論文が、自然科学系の学術専門誌「サイエンティフィックリポート」(2017年10月11日付)に掲載されています。

 この研究では40~69歳の日本人10万1708人が対象となりました。ストレスのレベルは、「あなたの日常生活にどれくらいのストレスがありますか」という質問に「少ない」「平均的」「多い」で回答してもらい、それぞれ低レベル、中レベル、高レベルと分類しています。ストレスが低レベルの人と比べて、中レベル、高レベルの人での発がんリスクが比較検討されました。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。

関連記事