天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

日本ではどんな時間帯に手術をしても成績に差は出ない

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 まず、研究が行われた欧米では、朝一番の手術は若いレジデント(後期臨床研修医)が入るケースが多くみられます。近年は世界的にも再手術の患者が増えています。その場合、朝に行われる手術、たとえばバイパス手術であれば、まずレジデントが開胸して癒着剥離を行い、バイパスに使用するグラフトを採取して準備を整えておくケースが多いのです。人工弁置換術の再手術も癒着剥離は避けて通れません。その際、血管や心臓を傷つけてしまったり、緊急処置が必要なトラブルが起こるケースもあり得ます。つまり、ベストな手術ができていない可能性があるのです。

 また、緊急手術以外では、午後から始めるのは比較的難易度が低い手術であることが多いといえます。難易度が高く長時間かかることが予想されるような手術は、午後から始めると深夜になってしまいます。そうなると、スタッフを帰宅させられなくなってしまうため、長時間かかるような難しい手術は午前中に入れ、ある程度の終了時間が読める難易度の低い手術を午後に組むケースが多くなるのです。つまり、スタートの段階から、午後の手術の方が術後の経過が良くなるのは当たり前といえるような条件が揃っているといえるでしょう。

2 / 3 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事