実録 父親がボケた

<20>認知症との付き合い方は否定せず、急がせず、焦らせず

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 月額利用料が低めかつ安定した特養ではあるがオプションもある。月1回のヘアカットや想定外の薬剤費など、全て市価に比べれば安価だが、ちりも積もれば何とやらだ。

 ケチくさい話だが、具体例を記しておこう。父は「謎のティッシュちぎり癖」があり、まとめ買いしておいたティッシュが一瞬でカラになったことがある。日常生活の細かい部分に目を配る職員が補充してくれたりもする。

 ただし、後日、利用料とともに代金が請求される。家族が用意しておけば激安品で済んだのに、肌触りのよい超高級な製品(母や私は絶対買わないタイプ)が用意されて、無駄な出費となることもある。数十円~数百円でも、長い目で見たら大きい。そこは極力家族で準備しようと、母と誓った。

 ちなみに母と私は連絡ノートを作り、訪問日に何があったか、書きつづるようにしている。時々父もそこに参戦して、何かを書いているのだが、文字と呼べるものではない。それも楽しいし、一種の機能訓練になる。部屋には認知症やケアマッサージの本も置いてある。

1 / 2 ページ

吉田潮

1972年生まれ、千葉県出身。ライター、イラストレーター、テレビ評論家。「産まないことは『逃げ』ですか?」など著書多数

関連記事