ステージⅣがん治療を断るとどうなる

一切の治療を拒否 理由は両親のがん死で生じた医療不信

 ステージⅣの進行性の食道がんだと伝えた医師は、続けてこう言葉を継いだ。

「どのような治療を行うか、家族とよく相談して考えて決めてください」

 私は即座に「結構です」と返事をした。医師はその言葉の意味がわからなかったようで、けげんな表情で同じ言葉を繰り返した。そしてこうも言った。

「がんは放っておくと確実に増殖し、みるみる大きくなって全身に転移する。ひどい痛みに苦しみながら死に至ることになる」

 私は「がん治療を受けないのが、私のポリシーである」と伝えた。

 その根拠は、33年前の両親の死だった。私は両親をともにがんで亡くしている。

 父は長年、右頭部に痛みを訴え、地元で一番といわれる大学病院でさまざまな検査を受け続けた。結果はいつも正常。何年後かにようやく鼻腔(びくう)がんと診断され、がんの摘出手術を受けた。しかし“寛解”したはずが、頭痛は消えなかった。

1 / 2 ページ

笹川伸雄

ジャーナリスト。1946年、宮城県生まれ。医、食、健康のジャンルを得意とし、著書に「妙薬探訪」(徳間文庫)など

関連記事