Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

内山信二さんに“余命5年宣告” 大腸のポリープとがんを知る

タレントの内山信二さん(C)日刊ゲンダイ

 オレは、がんなのか……。検診や人間ドックなどで大腸ポリープを指摘されたら、そんなふうにショックを受ける人は少なくないでしょう。タレントの内山信二さん(37)は、テレビ番組の企画で大腸内視鏡検査を受けたところ、大腸ポリープが5つ見つかり、番組の医師団に「余命5年」を宣告されたそうです。今回は、ポリープについて解説しましょう。

 ポリープは、粘膜から隆起したイボのような突起物のことで、鼻タケもポリープのひとつ。大腸はもちろん、胃や十二指腸、すい臓などにもできます。状態を表す医学用語で、必ずしも病気ということではありませんが、一部にはがん化する恐れがあるのは事実です。

 一般の人にとっては、そこが不安になる要因。医師にとってもがんになるタイプかどうかを見分けることはとても重要です。

 では、大腸がんになるポリープは何かというと、腺腫がそれ。大腸ポリープのうち8割を占め、特に肛門に近い直腸やS状結腸にできやすいのが特徴です。8割はかなりの割合ですが、がんになるのはごく一部であることが分かっています。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事