Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

4年連続患者数1位の大腸がんはアスピリンで予防できる

毎年の検便と5年に1回の内視鏡(C)日刊ゲンダイ

 がんの患者数は、2014年まで胃がんがトップでしたが、15年から大腸がんが逆転。先月15日に国立がん研究センターが発表した今年の予測値でも、大腸がんが4年連続1位。男女合わせて15万2100人と、胃がんを2万3000人ほど上回っています。

 胃がんの原因は、98%程度がピロリ菌感染。子宮頚がんや肝臓がんなど感染型のがんの代表ですが、大腸がんは肉中心の食事や肥満、運動不足といったメタボな生活習慣が発症の大きな要因。これまで欧米に多いがんといわれたのが、大腸がんです。それが日本で4年連続1位になったということは、欧米化が日本に確実に定着しているということです。

 メタボな生活習慣が主因ということは、その改善で予防ができるということ。さらに早期発見の工夫をプラスすることで大腸がんによる悲劇は、最小限に食い止められるのです。肥満大国米国の人口は日本の2倍以上ですが、死亡数は米国の方が少ない。日本に先駆けて大腸がん対策を行った結果で、年齢調整死亡率はピーク時の半分程度です。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事