Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

キャスター小倉智昭さん全摘へ がんでも膀胱は温存できる

小倉智昭さん(C)日刊ゲンダイ

 かなりの覚悟だったでしょう。キャスターの小倉智昭さん(71)が自ら司会を務める情報番組のエンディングで「私ごとで申し訳ないのですが」と神妙な面持ちで膀胱がんで膀胱を全摘することを語りました。

 膀胱を取り除くと、尿をためるところがなくなるので、お腹に穴をあけて尿をためるビニールの袋を設けるのが一般的です。人前で仕事をされる方ですから、決断されるまでは迷いもあったことでしょう。

 しかし、2016年5月に公表した膀胱がんは内視鏡手術を受けたものの完治しておらず、この夏に激しい痛みとともに出血し、止血手術を受けたほか、10月には20日間にわたる膀胱炎を併発。そういうことが重なり、かねて医師から「全摘しなければ完治しない」といわれていたこともあり、手術に踏み切ったと報道されています。

 小倉さんの病状は、4年前に同じ膀胱がんで亡くなった俳優の菅原文太さん(享年81)に近いかもしれません。文太さんは、膀胱の粘膜から筋層に及ぶ進行した浸潤がんで、大きさは3センチ。別の病院で内視鏡で切除したものの、再発リスクが高く、全摘を勧められたそうです。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事