Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

松浪健四郎さんはステージ1 厄介な膵臓がんも0期なら治る

松浪健四郎さん(C)日刊ゲンダイ

「悲しきかなちょんまげがなくなってしまいました」

 このご時世にちょんまげなんて、と驚いたかもしれませんが、日体大理事長の松浪健四郎さん(72)のことです。先月末に出席された日体大柔道部の祝賀会で、がんであることを公表。そのための抗がん剤治療の副作用で、毛が抜け、トレードマークを失ったと報じられました。

 当時のスポーツ紙などには、激ヤセした写真も掲載されたことから、ネットなどには重病説も飛び交っていますが、本人は「大したことはない」と一蹴しています。

 どんな病状かというと、今年5月に前立腺がんが見つかり、ホルモン治療を受け、その後、リンパ腫も発覚。そのリンパ腫は転移ではなく、別のがんで抗がん剤治療を受けたとのこと。その治療途中に膵臓がんも見つかったそうです。3つのがんはいずれも早期で、膵臓がんもステージ1ということから、体調は心配ないということなのでしょう。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事