更年期を知って夫婦円満

夫の“気づき”で治療開始 ポイントは「いつもと違う」不調

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 更年期に関する情報は女性向けに発信されることが多く、夫や家族に向けられた情報がなかなかありません。しかし、意外にも、私の周りには夫や家族が気付き、治療に結びついたケースがあります。

 夫から「更年期じゃない?」と言われたのはA子さん。彼女の不調を見かねた夫が、ひそかに会社の女性の同僚に相談し、更年期というキーワードに行き着いたそうです。

 B子さんは疲れがひどく仕事を休みがちになっていた時、高校生の息子から「更年期じゃない? 病院へ行った方がいいよ」と声をかけられました。更年期はまだ早いと思っていたそうですが、息子の一言で病院を受診しようと思い立ったとか。どちらのケースも、家族が病院まで付き添い、治療開始に至っています。

 よく聞くのが、「更年期になる年代では、まだないと思っていた」。私も同じような経験があります。

1 / 2 ページ

小林ひろみ

メノポーズカウンセラー。NPO法人更年期と加齢のヘルスケア会員。潤滑ゼリーの輸入販売会社経営の傍ら、更年期に多い性交痛などの相談に乗る。

関連記事