市販薬との正しい付き合い方

自分にあった漢方薬を見極めるには「虚・実」を知っておく

漢方には合う合わないがある(C)日刊ゲンダイ

「漢方が効かない」という方がいらっしゃいます。その理由として、「自分に合っていないから」というケースもあります。

 漢方薬の多くは、患者の体質やその時の症状に合ったものでないと、十分に効果を発揮することができません。つまり、効かないのは漢方薬自体の問題ではなく、「選び方」に問題がある可能性もあるのです。

 体質を見極める尺度として、「証」という漢方独特の物差しがあります。簡単にいうと、「体質・体力・抵抗力・症状の表れ方といった個人差を表すもの」になります。

「証」は物差しですので分け方があり、そのひとつに「虚・実」があります。

 体力がない・細い・華奢・顔色がよくない・声が小さい・胃腸が弱い・寒がりなど、弱々しい方は「虚証」。体力がある・筋肉質・血色がよい・肌つやがよい・声が大きい・胃腸が強い・暑がりなど、元気なイメージの方は、「実証」に分類されます。

1 / 2 ページ

神崎浩孝

1980年、岡山県生まれ。岡山県立岡山一宮高校、岡山大学薬学部、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒。米ロサンゼルスの「Cedars-Sinai Medical Center」勤務を経て、2013年に岡山大学病院薬剤部に着任。患者の気持ちに寄り添う医療、根拠に基づく医療の推進に臨床と研究の両面からアプローチしている。

関連記事