みんなの眼科教室 教えて清澤先生

児童虐待の可能性も…「眼底出血」で見分けがつくのか

写真はイメージ(C)PIXTA

【Q】頭をぶつけてケガをした乳児がいます。眼科で調べてもらえば一般的な「眼底出血」と「揺さぶられっ子症候群」(乳児虐待症候群)の区別をつけられますか?

【A】小児脳神経外科医で、児童虐待の冤罪に警鐘を鳴らす藤原QOL研究所の藤原一枝先生が相談事を持って私の診療所をお訪ねくださいました。「頭をぶつける非開放性のケガをした乳児を持つお母さんが、揺さぶられっ子症候群の加害者だと疑われているのだが、話してみるととても疑われるようなことが起きたとは思えない。眼底所見から一般的な眼底出血と揺さぶられっ子症候群の区別がつけられないものか?」というのです。

 私も最近、警察から似たような事例についての相談を受けたことがありましたので、知っている範囲でお答えしました。まず、眼底出血の原因としては、眼球を打撲して眼内のケガで出血する場合と、頭蓋内に出血が起きて脳圧が高進し、その結果として眼内に出血する場合が考えられます。揺さぶられっ子症候群の眼底出血は後者の脳圧高進に関連したものです。発生した時期が異なる網膜の出血痕があれば、繰り返して暴力が振るわれたことが推定されましょう。

1 / 3 ページ

清澤源弘

清澤源弘

清澤眼科医院院長。1953年、長野県生まれ。東北大学医学部卒、同大学院修了。86年、仏原子力庁、翌年に米ペンシルベニア大学並びにウイリス眼科病院にフェローとして留学。92年、東京医科歯科大眼科助教授。2005年から現職。日本眼科学会専門医、日本神経眼科学会理事など。

関連記事