みんなの眼科教室 教えて清澤先生

65歳の母が目の痛みと物が二重に見えると言い出した

写真はイメージ

【Q】65歳の母が眼痛と複視を訴えて特発性眼窩(がんか)炎症と診断され、数年間ステロイド投与が続いています。原因と最新の治療法を教えてください。

【A】目のくぼみ(眼窩)の内側に炎症が生じるこの疾患は「特発性眼窩炎症」と呼ばれ、成人の痛みを伴う眼窩腫瘤(しこり)で最も一般的なものです。悪性腫瘍の経過に似ているため、1954年に「炎症性偽腫瘍」と命名されました。限局化すれば、外眼筋、涙腺、強膜、ブドウ膜、上眼窩裂に影響し、広がると眼窩脂肪組織を巻き込みます。甲状腺眼症および眼窩リンパ腫に次ぐ頻度の高い眼窩疾患です。

 特発性眼窩炎症は、既知の原因を伴わず、リンパ球浸潤を示す眼窩炎症過程です。涙腺54%、外眼筋50%、眼窩脂肪75%、視神経20%などに影響します。病因は不明ですが、さまざまなリウマチ性疾患とも関連します。

 特発性眼窩炎症は、突然の痛み、眼球突出、腫脹と紅斑などの炎症性徴候を示し、普通は片側のみに表れます。痛みが一般的症状で約60%、複視(物が二重に見える=35%)と続きます。

1 / 3 ページ

清澤源弘

清澤源弘

清澤眼科医院院長。1953年、長野県生まれ。東北大学医学部卒、同大学院修了。86年、仏原子力庁、翌年に米ペンシルベニア大学並びにウイリス眼科病院にフェローとして留学。92年、東京医科歯科大眼科助教授。2005年から現職。日本眼科学会専門医、日本神経眼科学会理事など。

関連記事