Dr.中川 がんサバイバーの知恵

西郷輝彦さんは前立腺がんが「消えた」 最先端PSMA治療の効果とは

西郷輝彦(C)日刊ゲンダイ

 俳優・西郷輝彦さん(74)の前立腺がんが劇的に改善したことが話題となっています。西郷さんのユーチューブなどによると、ステージ4のがんを治すべく、豪州に渡り、最先端治療のPSMA治療を受けたそうです。当初、治療は3回の計画で、2回目にCT画像上は「がんが消えた」というのです。

 ご自身の動画や報道などから、これまでの経過を振り返ると、2011年に前立腺がんを全摘するも、6年後に再発し、骨転移が発覚。抗がん剤治療や放射線治療などで進行を抑えながら仕事に励んでいましたが、コロナ禍の自粛中に前立腺がんのマーカーであるPSAが急上昇。がんは背中や胸に広く転移していたそうです。

 国内ですべての標準治療を受けていたため、いちるの望みを託したのがPSMA治療でした。日本では未承認のため、豪州に渡ったわけです。

 PSMA治療とは、前立腺がんと転移部分のみに集まる放射性薬剤を用いた放射線治療のこと。これを注入すると、前立腺がんの表面にある特殊なタンパク質PSMAに結合し、薬剤が放射線を出すことで、がん細胞のみをピンポイントで叩くことができる仕組みなのです。

1 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事