Dr.中川 がんサバイバーの知恵

がん患者ではコロナワクチンの副反応でPET検査に異常が出ることも

悪性リンパ腫であることを公表したジェフ・ブリッジス(C)ロイター/Abaca Press

 がん患者の中には、コロナ感染に不安を抱えている人が少なくありません。昨年10月に悪性リンパ腫であることを公表した米俳優ジェフ・ブリッジスさんが、コロナ感染から回復したことが話題を呼んでいます。

 報道によると、コロナ感染は抗がん剤治療を受けていた医療機関だったようです。抗がん剤や放射線などの治療中は、免疫を担う白血球が減少するため、感染を起こしやすくなります。ブリッジスさんもその影響とみられ、かなり症状が重かったようです。5週間という入院期間の長さが、それを物語っているでしょう。

 SNSには「つらい抗がん剤治療も(コロナの闘病に比べれば)楽勝に思える」とつづったほどです。ひどいときは酸素供給も必要だったそうですが、退院した今は娘の結婚式に参加。酸素供給なしにダンスを踊ることができたことを喜んで語っています。

 12月で72歳。70代で苦しみながらも、回復できたのは、ワクチン接種を済ませていたことが大きいでしょう。

1 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事