愉快な“病人”たち

発明家 中松義郎さん(86) 前立腺導管がん

中松義郎さん(C)日刊ゲンダイ

がんが見つかったのは、偶然がたくさん重なったおかげでした。常に3カ月に1度は検診をしているのですが、S字結腸の腫瘍を5年前に摘出したので、全快しているかどうか内視鏡で調べてほしいと医師に申し出ました。2年前のことです。

 医師は余計な傷をつくってはいけないと遠慮して、代わりにCTで調べてくれました。すると、腸は問題ないが、リンパが腫れているという。がんなら20ぐらいになるPSA値は4。全く健康の範囲でしたが、リンパの腫れの原因がわからないので生検をしたのです。

 体内からほんの一部を取るのが生検だと思っていたら、腹部に長い棒を12本も刺し、意外と大変。そして12本のうちの2本から、導管がんが見つかった。実は、生検のきっかけになった「リンパの腫れ」は誤診。でも、そのおかげで導管がんが見つかったのです。

 医師は「ものすごい悪い顔つきのがんです」と。導管がんは非常に珍しいがんで、余命は2年。放射線治療も効かず、陽子線・重粒子線治療をした前例がないという。つくばのがんセンターに直接行っても同様の見解でした。

1 / 3 ページ