医療用語基礎知識

【がんの年齢調整死亡率】1960年代から減少傾向へ

 人口10万人当たりのがんによる死亡率は230・3人(2013年)。これも毎年じわじわと上昇していますが、やはり全死亡率そのものが上昇しているため、全体に占める割合は、横ばいから減少傾向にあります。

 肝心の年齢調整死亡率はどうでしょう。1985年を基準にして、人口構成が当時と同じ割合になるように補正をかけた死亡率です。

 国立がん研究センターが公開している資料によれば、「全がんの年齢調整死亡率は、男女とも1990年代後半から減少傾向にある」そうです。しかも75歳未満に限ってみれば、「男女とも1960年代から減少傾向にある」ということです。つまり老いも若きも、がんで死ぬ確率は減り続けているのです。

 部位別にみても、ほとんどのがんで年齢調整死亡率が低下しています。上昇しているのは膵臓がん(男女とも)と、子宮がんのみです。とくに胃がんの数字は、1960年代と比較すると、4分の1から5分の1と著しく下がりました。もちろんいまでも胃がんで亡くなる人は大勢いますが、かつて国民病と呼ばれて恐れられていた頃の勢いは、すっかり影を潜めてしまったようです。

2 / 3 ページ

やなぎひさし

国立大学理工学部卒。医療機器メーカーの勤務を経てフリーへ。医療コンサルタントとして、主に医療IT企業のマーケティング支援を行っている。中国の医療事情に詳しい。