Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【北斗晶さんのケース(2)】手術の合併症リンパ浮腫は治る

佐々木健介、北斗晶夫妻(C)日刊ゲンダイ

 「リンパ浮腫のむくみが出ないように暮らす」

 乳がんの手術を終えた北斗晶さん(48)は、ブログでこんなことをつづっています。今年の初めごろに、右の乳頭の下に2センチのがんが見つかったそうですが、今年9月の手術時は右脇のリンパ節にも転移。がんは2・5センチに拡大し、リンパ節も含めて切除した、と記者会見で語っていました。

 その語り口から、リンパ浮腫に伴うむくみは一生の付き合いと思われたかもしれませんが、そんなことはありません。治療法次第で、リンパ浮腫は治るのです。

 血液が血管を通って全身を巡るように、リンパ液もリンパ管を通って全身を巡ります。その中でいくつかのリンパ管が集まる“ターミナル”がリンパ節。そんな拠点を切除したら、どうなるでしょうか。リンパ液が滞ってしまいます。それが、リンパ浮腫です。

 リンパ浮腫は、乳がんのほか子宮がんなどでリンパ節を切除した女性に多く発症しやすいといわれますが、膀胱がんや前立腺がん、大腸がんなどでリンパ節を切除した男性にも発症します。放射線治療の影響で起こることも。女性に限ったことではありません。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。