漢方達人をめざせ!

味がわからなくなった

 気力や体力を補う「十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)」と、五味子が入っている「生脈宝(しょうみゃくほう)」をHさんに薦めました。五味子は、生薬の名前の通り五行で言う五味(酸味、苦味、甘味、辛味、塩辛い味)のすべてが含まれている生薬です。五味子茶というお茶もあり、毎日飲むと、体調を整えるのに役立ちます。

 Hさんから、「味覚が元に戻りました! 何を食べてもおいしくて、体重維持が大変!」と連絡が来たのは、1カ月後のことです。

(久保田佳代/「漢方の氣生」代表、薬剤師、心理カウンセラー)

2 / 2 ページ

久保田佳代

父は乳児院院長、母は薬剤師、長女は歯科医、次女は眼科専門医という医療一家に産まれたが、昨今の臓器医療である西洋医学とは違い、人に向き合い、カラダとココロの両面から治療が行える漢方を志し20余年経つ。昭和薬科大学卒業、老舗漢方薬局を経て、「氣生薬局」開局。サプリメントアドバイザー、漢方茶マイスター、日本プロカウンセリング協会1級など多数資格取得。「不妊症改善における実力薬局100選」に選ばれている。