ニューヨークからお届けします

NYで注目 手書き処方箋「デジタル化」でヘロイン死減少も

 3月27日以降、ニューヨークの処方箋に大きな変化が見られます。手書きの処方箋が廃止され、すべてがデジタル化されたのです。この変更により、アメリカ人の健康を脅かしている「処方薬依存症」がなくなるかもしれません。

 処方薬依存症の“処方薬”とは、「オキシコドン」「ヒドロコドン」などのオピオイド系の薬です。アヘンに含まれる成分から合成される半合成麻薬で、強い鎮痛作用があり、手術後の鎮痛用などに処方されます。

 しかし、この薬からへロイン依存症になったり、過量摂取で亡くなる例が後を絶たないのです。

 ニューヨーク州でのオピオイド系鎮痛剤による死亡数は、2013年の1年間で約1200件。2004年以降、4倍の数字になっています。

 原因のひとつが「処方箋」そのものと考えられています。手書きの処方箋なら、簡単に書き直したり捏造したりできるからです。処方箋の管理を厳しくすることは、その取り締まりの大きな第一歩と考えられています。

1 / 2 ページ

関連記事