本当は危ない“正常値”を見逃すな

糖尿病リスク回避 食後眠ければ血糖値の「差」を見るべき

(C)日刊ゲンダイ

 糖尿病ガイドラインでは「空腹時血糖値」と「75グラム経口糖負荷試験2時間値」(以下2時間値)の組み合わせで「糖尿病型」「正常型」「境界型」に分けます。「空腹時血糖値126(mg/dl)以上」「2時間値200以上」の両方を満たすもの、あるいは「随時血糖値200以上」あるいは「HbA1c6.5(%)以上」であれば、糖尿病と診断されます。HbA1cは過去1~2カ月の平均血糖値です。

 しかし、これらの数値より低いからと安心していてはいけません。

 健診では2時間値は見ませんので、空腹時血糖値に限ってお話ししましょう。空腹時血糖値だけで判断する場合、100未満が正常型で、100以上109未満は「正常高値」となります。

 正常高値は、詳しい検査をすると隠れ糖尿病や境界型糖尿病(糖尿病予備群)が見つかる可能性がある段階。75グラム経口糖負荷試験2時間値を調べ現在の血糖コントロールの状態をきちんと把握しなくてはなりません。

1 / 2 ページ

佐藤智春

スタイリストとして活躍していた32歳の時、働き過ぎで体調を崩しダウン。「分子整合栄養医学」に出会い、人体と栄養の関係を学び、実践を重ねながら健康を取し、血液栄養診断士の資格を取得。現在はクライアントの血液データから栄養を厳密に把握し、食と医療、ライフスタイルを具体的に提案。著書に「卵を食べれば全部よくなる」「男は食事で出世させなさい」「身長を伸ばす7つの法則」など。