愉快な“病人”たち

作家・村野正好さん 乳がんで「なぜ男性が?」の重圧感じ

村野正好さんにもワイドショー出演していた(C)日刊ゲンダイ

 男性の乳がんの罹患率は、女性の200~300分の1ほどらしいです。多くの人が「乳がんは女性の病気」と思い込んでいますし、男性の大半はまさか自分が乳がんになろうとは思いもせずに生きているはずです。だから、病気が発覚したときには手遅れだったり、仮に早めに分かっても女性でいっぱいの待合室のいたたまれない空気に耐えられず、病院に行けなくなる男性が多いと聞きます。私もこの病気を体験した者として、男性待合室は必要だと切実に思いました(笑い)。

 名門の静岡県立がんセンターで手術をしたのは6年前。右胸と右脇の下、右の鎖骨あたりと広範囲に点在するリンパ節の腫瘍を取るため、右胸をA4サイズほどにわたってごっそりそぎ落としました。

 事の始まりは、手術の1年前に右乳首とオヘソの間あたりにできたゴマ粒ほどのしこりでした。当時はただの脂肪の塊としか思わなかったのですが、1年近く放置していたらそれが小豆大に成長してきて、触るとコリコリするんです。

1 / 5 ページ