ニューヨークからお届けします

ブロードウェー女優の“コスプレ抗がん剤治療”がNYで話題

 ブロードウェー女優のカレン・ウォルシュさんは昨年9月、脇腹の痛みで病院に行ったところ、大腸がんのステージⅣと診断されました。そのカレンさんが、コスプレをしながら抗がん剤治療を受ける写真がインスタグラムで大きな話題となっています。

 雑誌「コスモポリタン」のインタビューによると、最初は仲間や家族に「元気よ!」と知らせるために普通に写真をアップしていたのですが、ある日、訪ねてきたブロードウェーのディレクターで、振付家の友人の一言で全てが変わりました。

 3週間に1度の抗がん剤治療を、自分が好きな映画やお芝居のキャラクターになって受けることにしたのです。カレンさんは、当初は自宅にあった商売道具の衣装などを持ち込んでいましたが、それを知った俳優やお芝居のスタッフの仲間たちもアイデアを出し、衣装や小道具がどんどん充実。さらに彼らも、カレンさんと共に脇役に扮して参加することに。

1 / 2 ページ

関連記事