ニューヨークからお届けします

トレーや雑誌も要注意 “雑菌の巣窟”飛行機で身を守る方法

 旅行や出張で飛行機に乗る方も多いと思いますが、「飛行機こそ最も細菌が多い乗り物」と、米ドレクセル大学医学部付属病院が発表。“身を守る方法”が話題になっています。

 機内で一番身近で不潔な場所は、座席に付いているポケットの中。持ち物や飲み物をポンと入れるのに便利ですが、鼻をかんだ後のティッシュや使用済みの紙おむつ、切ったツメなどをゴミ箱代わりに捨てている乗客も多いそうで、できるだけ利用しないことを勧めています。

 そしてもう一つ気をつけたい場所は、トレー(テーブル)。フライト前後の掃除でもトレーを拭くことはなく、あらゆる雑菌が付着している可能性が高いそうです。食事の前には、お手拭きで手を拭いたら、同時にトレーもきれいに拭くようにと呼びかけています。

 続いて、トイレ。すべてのバクテリアの生息地になっています。身を守るには、水道の蛇口など、すべてのものになるべく直接触れないようにする。触れる時は、ペーパータオルなどを使う。便器内に付着した細菌が飛び散るのを防ぐため、必ずフタをしてから流す。そして、席に戻ったら抗菌性のワイプか除菌ローションで手を拭くことを勧めています。

1 / 2 ページ

関連記事